Knockin' on a Gateway to the World

何か夢中になれるものを探す大学生の独り言。日常の出来事や音楽について…。音楽はBUMPとDEENを中心にいろいろと。最近はマイペース更新です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家にタブレットがやってきた

はい、ご無沙汰してました(汗
大学の新年度に入って、やっぱり講義が始まると思ったより忙しいです。
できるだけ更新したいと思ってますが、あまり期待しない方向で←

というわけで、こんばんは。Dialekです^^



3週間ぶりぐらいの更新ですか…試合記も書いてないし。
そして試合見る時間もあんまりないんですよね…
スカパーオンデマンドで見てるっていう話は以前したと思うんですが、
ライブ配信見逃しても一応一定期間は見られるんですよね。
しかしその配信期間ですら見る時間もなく、新潟戦は見れませんでした(汗
柏戦も確か配信今日までだけど、まだ見ていないっていう…
一試合丸々見ようとすると2時間は時間取らないといけないんですけど、
まとまった時間があまり取れないんですよねぇ。
そしてセレッソは今日のFC東京戦含め公式戦6試合勝ち星なし…と。
書きたいことはあるんですが、また別の機会に。


今日の話題はタブレット。
我が家に文明化の波が押し寄せてきました(笑
色々諸事情があってiPad miniを手に入れました!不可抗力なんですがね!!
今までApple製品は一つとして持っていなかったボク。
いや、別にAppleが嫌いとかそういうことじゃないんですけど…

Appleといえば、iPod、iPhone、iPad、Mac…といったところですが
音楽プレーヤーに関しては長年Walkmanを愛用してる関係で
iPod並びにiTunesとは全く縁遠い感じだったんですよね。
Macに関しては値段の高さやOfficeの互換性とかを考えて手を出さず、
iPadも、どうせ買うならOfficeが使えるSurfaceの方が…と思っていました。
iPhoneはですね…iTunesを自分が使っていない点でメリット半減という点と、
あとは周りの人々がやたら持ってるっていうのが…
人と被るのはあまり好きではない性格なものでね(汗


そんな感じで今後もApple製品使うことはないかなーと思っていたんですが、
よく分からないままにiPadがなぜか手元に来ました(色々経緯があったのです
まぁ、手元にあるものは有効活用させてもらおうということで
ちょっとずついじり始めました。こういうこと自体は結構楽しい(笑

まず最初に思ったこと。キーボード打ちにくい…!!←
初期の状態ではパソコンのキーボードがタッチ操作に変わっただけ、
という感じですが、タッチ式のやつはスマホでのフリック操作に慣れてる分、
ものすごく違和感です。一応デフォルトの切り替えで配列変えて
日本語はフリック操作にできますが、それすると英字配列の時に
左右で二分割されちゃって、それも打ちにくいんですよね…
iPadに限らず、タブレット全般に言えることなのかもしれませんが。
なんかちょうどいいソフト入れるしかないんでしょうかね。


あとは…そうだなぁ。特に目新しいことはない気がする(笑
今のところタブレットの印象としては「スマホを大きくしただけ」。
本だったり参考書を見る分には、画面が大きい分タブレット有利でしょうけど。
あと動画見る分にもタブレットの方が迫力はありますね。
あくまで手持ちできるサイズで、という前提ですが。
しかしiPadはスピーカー貧弱だなぁ。今使ってるHTCのスマホの方が数倍マシ。
そんな感じで、手元で本だったり参考書を見たい!というとき以外に
タブレットの必要性を感じられないんですよね、現時点では。

なんか悪いところばかり挙げてますが、バッテリーの持ちはすごくいいです。
一日中使ってるわけじゃないですが、それなりに使っても
今のところ5日は充電せずに動いてます。Wi-Fiモデルだからなんでしょうか?
スマホで調べものしたりしてると、どうしても電池の減りが気になるので
そういう時にiPad使ってブラウジングしてる感じですね。
スマホだとウェブページによってはスマホ仕様になって
見にくいことが多々あるのですが、iPadはどうやらPC扱いらしく
ちゃんとパソコン形式で表示されるのもいいです。
重さはともかく、薄いので持ち運びもそこまで苦にはならないですしね。


まぁ今のところそんな感じです。
メリットも結構あって便利だなーと思う反面、
今回みたいに手元に転がり込んでくることがなければ、
わざわざ自分で買うほどの代物ではないかなーと思ってしまいます。
バッテリーの点に関してはスマホ+モバイルバッテリーで事足りる気もしますし。
MacやiPhoneのユーザーだったら話は違ったんでしょうけど…
でもiPadに触れてこういう印象を得られたことで、
Androidタブレットも買わなくていいだろうなという実感を得られたのは大きいかな。
今後もし持ち運べるタイプのこういう情報機器買うときは、
ウルトラブックかSurfaceにしようと思います。
出先でOffice(特にPowerPoint)いじれるのはやっぱり大きなメリットになるので…



そういえば以前から欲しいと言っていた
WALKMAN ZX-1ですが、値下がりしてました。
それでもまだ7万もするんですけどね(汗)
現在使っているウォークマンの容量不足は今のところどうにかなってますが、
今後一年で多分満杯になるでしょう。それまでに新しいのを買いたい。
ZX-1はどうもバッテリーの点で難点があるようなので、
もし秋の新製品発表でZX-1の後継機orそれに準ずるものが出れば
そちらを買うのもいいかもしれませんね…


それではまた^^

サッカー観想記2:2014 J1第4節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪

桜前線が北上中ですねー
今年は例年に比べると開花が早いようですが、
いかんせん去年が異常な早さだったのでそれに比べたら遅いようです。
桜が咲き始めると、いよいよ新年度なんだなぁと思わされます。
そして何より花粉の季節がもう少しで終わるというのが本当に嬉しい(笑
花粉症自体は植物の違いで年中あるものですけど、
多くの人はこの時期のスギ・ヒノキでしょうからね。
辛い時期とももうすぐでお別れです。

というわけで、こんにちは!Dialekです^^



桜の話題から入ってセレッソのお話ってなんかいいですね←
いや、もう既に今日は第5節のマッチデーなんですけどね。
今更第4節の試合の話するのかよ…って感じですよね。ボクもそう思います
…まぁ、試合午後からですし、滑り込みセーフということで(汗
しかしこの観想記のおかげで、週一以上の更新が続けられそうです。
もはやこのブログは何が主体なのか分からなくなってますが(滝汗

話がそれました。
それではさっそく書いていきましょうか。
もう時間も経っていることですし、ハイライトと総括をまとめて書いてしまいます。


<<ゲームハイライト・総括>>
開幕3連勝無失点中の鹿島とのアウェーでの対戦でした。
ここまでセレッソは鹿島相手に公式戦6連敗中ということで、
どうなるかなーと思ってみておりました。大迫が抜けた鹿島のプレーにも注目。

前半立ち上がりは、セレッソが上手くやったかなーという感じでした。
しかし時間の経過につれて鹿島にボールを持たれる展開が多くなりました。
ただこの試合全体を通して守備が非常に固かったのが印象的で、
DFはもちろんのこと、チーム全体での守りの意識というのが感じられました。
そんな中での、前半19分、丸橋のFKから
最終的にアーリアがペナルティエリア右隅からの強烈なゴール!
相手のDFが処理しようとしたボールを、
山下が奪ったことでこのゴールの演出になりました。
個人的にゴール前への丸橋のクロスが絶妙だったと思うんですよねー

その後も何度か押し込まれる場面はあるものの
決定的な場面というのはあまりなく、
(逆にセレッソもそんなにチャンスもなく)前半は0-1で折り返し。


後半、前半の勢いのままに鹿島ペースかなと思っていたら、
セレッソペースで始まりました。何度も相手ゴールを脅かす。
特に決定的な場面だったのは後半52分のゴール前フォルランへのパス。
あれ絶対決めてくれると思ったんですが……
ちょっと最後コース迷った感じでしたね。本人も思わず顔を覆ってました。
あとはフォルランのシュートに見せかけたゴール前へのボールに杉本のボレー!
これはキーパーナイスセーブと言わざるを得ないですね。
相手のGK曽ヶ端は試合通じていい動きしてましたねー
その後のCKからの杉本のヘディングはキーパー正面。
最近の杉本は右サイドでよく効いてると思います。
本人はやっぱり中央でやりたいみたいですが、
こういう経験をいいアピール材料にしてほしいと思ってます。

後半は前半に比べると両チームとも一進一退の攻防といった印象。
ただ鹿島はペナルティエリア周辺でのプレーが少ないというか、
セレッソ側がそれをさせなかった感じでした。
最終的なシュート本数は鹿島の方が多いですが、
結構無理やりなシュートも何本かあったので、
ゴールに迫る回数はセレッソの方が多かったと思います。

そしてサポーターが待ち望んだ瞬間が。
後半86分、ジンヒョンのGKを相手DFが処理ミスしたところを
フォルランが逆サイドの柿谷にパス。柿谷が相手選手2人の間を通して
ペネルティエリア内のアーリアにパスすると、ワンタッチで柿谷に返して
再び柿谷が右アウトサイドでダイレクトにゴール前に送り、
最後はフォルランが詰めてゴール!鮮やかなパスからのゴールでした。
完全にパスで相手の守備を崩してからのゴールは、まさにセレッソらしい。
そしてフォルランはJリーグ戦初ゴール。雄叫び挙げてましたね(笑
チームメイトがみんなで祝福してるのが印象的でした!
前回ACLでのゴール、そして今回のゴールで
フォルランは少し気持ち的に楽になれたでしょうか?
これからのプレーにも期待ですね。

このゴールのあと、非常に危ない場面がありましたがジンヒョンの神セーブで
何とかしのぎきり、結局0-2で鹿島に勝利!!
リーグ戦3連勝、しかも3連勝中の鹿島を破っての暫定2位浮上となりました。


さて、総括です。何度も書いてますが、
今回の試合では相手にボールを持たれる場面が多いものの、
危ない場面というのが本当に数えるぐらいしかなく、
非常に安心感を持って見られました。
チーム全体の守備の意識はもちろんのこと、DF陣、特にセンターバックの二人が
身体を張って守っていたのがとても印象に残りました。
特に山下ですね。相手の攻撃の要であるダヴィに本当に仕事をさせませんでした。
鹿島の監督が試合後にダヴィが上手く機能できなかったというようなことを
話していましたが、間違いなくこの山下のカバーのおかげでしょう。
カチャルもダヴィにボールが渡って危ない場面を俊足で体を割り込みナイスカバー。
山下はアーリア得点のアシストにもなってますし、
前節では得点も決めてますし…最近攻撃守備共に存在感が凄いです。

ちょっと不安に感じたのは柿谷のプレー。
もちろん彼のボールコントロール技術、
いつ出すかわからないタイミングを外したトリッキーなパスは健在で
フォルランのシュートも彼があってこそのものだったのは間違いないです。
ただ、トラップミス・パスミスがいつもの試合に比べて目立ったかなーと。
今季の柿谷は1トップ、2トップの一角、トップ下、
そして今回の試合後半での左サイドなど様々な場所でのプレーを要求されていて
非常に難しい部分はあるのかなと思ってます。
チームの起点になろうという意識が強くて、昨季にあったシュートへの意識は
少し薄くなっちゃってるのかな。攻撃・守備共に頑張らないといけない状況ですから
贅沢なことはあまり言えないなと承知しているんですけど、
やっぱり彼のあの足元から繰り出されるシュートを、たくさん見たいなぁと
思ってしまうのはファンとして仕方のないことじゃないでしょうか。

まぁ、ACLでは3戦連続でゴール決めてますし、
リーグ戦でも遠からず決めてくれるでしょう。
今日は今シーズン初のキンチョウスタジアムでの試合。相手は新潟。
ぜひサポーターの声援を力に変えて頑張ってほしいですね!!



…前回の書き方よりも、今回の方がうまくまとまってる気がします(笑
うーん、ハイライトと総括一編に書く方がいいみたいですね。
まだボクも書き始めたばっかりでどうなっていくのかなーという感じですが、
何かご指摘がありましたら遠慮なく教えていただければ幸いです!!



そういえば、バンプの東京ドーム公演のCD先行分抽選予約の発表があったようで。
ボクはその日行けない可能性が高いので、今回はそもそも申し込みませんでした。
しかし、某所で見ていると意外にはずれている方の多いこと…(汗
むしろ当たっている方の方が少ないんじゃないかってくらい。
CD先行での解放座席数がもともとあまりないんですかね?
だってあのキャパシティなのに……

新木場の方の改めての申し込みはどうしようか迷い中です。
3月中だったら確実に行けたんですが、7月の平日だものなぁ…無理だよなぁ…
そもそも当たるかっていう話なんですけどね!!!


それではまた!

一番大事なものは

今日はまた気温が下がって、冬に逆戻りでした。
でも桜の開花も始まったようですし、春の訪れももうすぐですね!
個人的に、今年は花粉症の症状が結構軽めで済んでるので
本当に助かってます。年によって結構ムラがあるんですよね…
しかし母親は今年結構酷いようなので、
単純に飛散量が少ないということでもないようで。
このまま花粉の季節が終わってくれることを願います><

ということで、こんばんは!Dialekです^^



今日のお話はこれでしょうね…
バンプのVo.&G藤原さんが肺気胸で入院中、手術は終わりリハビリ中だが
3月末の新木場公演は延期。ライブツアーは予定通り行うつもりだとのこと。
某所が急に騒がしくなり始めて、
何事かと思って公式サイトを見に行ったボクでしたが…

第一に思ったことは、「ああ、ついにきてしまったか…」ということ。
もともと誰が見ても痩せすぎだと分かる藤くんですが、正直不思議だったんです。
あの体の中のどこにライブツアーだったり、
過密日程を乗り切るだけの力があるんだろうって…
もちろん彼自身の努力と気力あってのものだとは分かっていましたが。

最近はアルバム発売に合わせて、いつもより明らかに忙しくなってましたからね。
ストレスというか、疲労が蓄積していたのは確実ですよ。
記事内でも体調大丈夫かな…と書いていた中でのこの発表。


ネットで何でも調べられる時代になりました。
「肺気胸」で検索すれば大まかな情報はすぐに手に入るはずです。
ボクはこういった分野の知識に明るいもので
かなり前から「藤くんは肺気胸のリスクファクターだらけだよな…」と思ってました。
だから、「肺気胸」ということ自体には
ここを見ている方々に比べたら驚きは少なかったかもしれません。

肺気胸、特に今回の藤くんは「自然気胸」と呼ばれるものだと思いますが、
実はその仕組みというか、成立機序は完全には明らかになっていません。
突然なるものですし、それなりの再発率もあります。
若年の気胸は適切に処置すれば命に別状はほとんどないですが、
もしかしたらある程度の期間(目安は1年でしょうか)は、
気胸と付き合っていかなければいけないかもしれません。

やはり一番大事なものは健康です。体調です。
ライブは行きたいし、メンバーにも会いたいなぁと思いますけど、
彼らが元気でいてくれることがボクたちファンにとって一番の願いです。
元気でいられれば、また彼らの音楽は続くわけですから。
どうやらライブツアーは予定通り行うつもりみたいですが、
おそらく手術は3月前半におこなったと思うので
4月初旬では体調は万全…というわけにはいかないでしょう。


ライブツアーの日程は彼らの意思、その他色々な諸事情もあって
このままの日程でいこうと決めたのだろうから尊重してあげたいですが、
ボクたちはたとえいつになろうとも、いつまでも待ってるから…
ということをメンバーに伝えることができたらいいなぁと思います。



アルバムRAY、大分聴きこみました。
最初の第1印象とは結構変わった曲も多いですね。
前々回のレビュー記事で、サザンクロスとトーチがお気に入りだと話しましたが
今はラストワンと(please)forgiveがじわじわきてます。
ラストワンは、この曲自体もそうですが
サザンクロス~ラストワン~morning glowという一連の流れが凄いです。
(please)forgiveの方はですね、聴いていると
何だか脳内をじわじわと侵食してきてるというか、メロディーが離れなくなってます。
まぁ要は全部の曲が好きってことなんですけどね!


藤くんの回復とツアーの成功を祈りながら。
それではまた!

サッカー観想記1:2014 J1第3節 セレッソ大阪vs清水エスパルス

もう今日はACLのマッチデーということで、
むしろ話題はそっちにいっている中、週末の試合について書くという。
いいんです、どうせ自己満足の文章ですからね((ry
これ書きながら、自分自身も少しでも早く、
サッカーについて学べるように頑張りたいなぁと思っている次第です。

というわけで、こんにちは!Dialekです^^



そういうことで、サッカー観想記記念すべき1回目。
観戦と感想から一文字ずつ取って「観想記」という名前にしてみましたが
どうでしょうか?いや、個人的にもちょっと微妙かなと思っています

どんなふうに書いていこうかなぁ、と思っているんですが、
まぁゴールハイライト中心にゲームの流れについて書いて、最後にまとめようかと。
とりあえず言いたいのは、解説が玉乃さんの時点で変な期待してたということです(


<<ゲームハイライト>>
開始からしばらくはピッチ中盤に選手が密集してましたね。
清水のディフェンスラインが高かったんでしょうか?
それによってセレッソは前線へのロングパスが多かった印象。
試合は(前半全体で言えるけど)どちらかというと清水ペースで進んでました。
セレッソはカウンターの時に攻めてるけど…という感じ。

解説が中盤にボールが入らないとちょうど言ってる中での
前半15分山下のフィードから裏に抜け出た丸橋がゴール。
押され気味だったんですけど、よくチャンスで決めたなぁ…

前半23分には獲得したPKを清水・大前が蹴ってジンヒョンの逆をついてゴール。
ここは清水の動きとパスが良かったです。
ファール無くてもかなり危ない場面だったとは思います。でももったいない失点。
26分にもゴール前へのパスをノヴァコビッチに危うく決めれそうに。
この時間帯ちょっとひやひやしてました(汗

前半30分、丸橋⇒杉本⇒酒本とつないでクロス、
杉本が頭で合わせようとしましたが微妙に合わず。
相手DFに少し競り負けた感じ。でも惜しかった。そしてCK。
続いて前半32分、右CKから丸橋がショートコーナーの酒本へ。
ゴール前へのクロスから競り勝った山下がヘディングでゴール!

ここの流れ綺麗でしたー!
玉乃さんがショートコーナー空いてるみたいな話をした通りの展開になりました。
酒本のクロス、そして山下の高いヘディング、どちらも良かったですよねー

前半ATにかなり危ない場面がありましたが、
ジンヒョンのナイスセーブで2-1で前半を折り返し。


後半は運動量の挙がったセレッソがゲーム展開を握りました。
特に南野の動きが素晴らしくて、彼が攻撃の起点となってました。
後半45分のナイストラップからフォルランへのゴール前パス。
これは決めて欲しかったなぁ。でもこれを含めフォルランは、
この日結構ゴールチャンス多かったし、近々ゴール見れるんじゃないかなぁ。
46分の南野⇒フォルランへのゴール前のつなぎはナイスキーパーでした。

後半は行ってもちょこちょこ清水に攻め入られてましたが、
ものすごく危ない…という場面はあまりなくて、
セレッソがいいサッカーしてるなぁという感じが続きました。しかし点入らない。
54分の柿谷のヒールパスが美しくて溜息出ました((ry
同じく57分の柿谷のプレーも、次どう動くのか分からなくて
相手は完全に動き止まってましたしね。そしてタイミング外してのパス。凄いー
64分のゴール前の足さばきとかどうなってるんだろ…
ループシュート外れたけど、あのプレー見ただけで
なんか幸せな気分になれました。いや、もちろん得点欲しいけど(笑

後半74分はちょっと危ない場面が。
長沢選手のシュートは枠外にはずれて難を逃れる。
75分の山口のシュートは完全にホームランでしたが(汗)宇宙へ飛び立った感じ(
でも山口は試合全体的によく動いてて、攻撃にも守備にも顔出してました。
この後書く4点目も山口のロングフィードによるアシストですしね。
そして78分にフォルラン交代で扇原投入。
フォルランもシュートはいらなかったけど、クロスとかパスとか、
試合ごとに連携どんどん良くなってるからこれからに期待ですね。
交代で入った扇原は、今日は守備で目立ってましたねー

後半85分、南野の左CKからパスをつないで、最後再び南野がゴールを狙うが
相手に弾かれる。ここはシュートがちょっと遅かったかな?という気がしました。
しかし再びCK。
再び南野が蹴ってゴール前で山下が合わせようとするがDFに当たり、三度CK。
後半87分、南野が再び同じコースに入れて山下がヘディング、
こぼれ球をカチャルが決めてゴール!
しかしカチャルイケメンですね(重要
そして89分に南野は楠神とチェンジ。ホントこの日は南野様様でしたね…。
出迎えるポポヴィッチも笑顔全開でした。

90分には柿谷交代でミッチがIN。
92分、石毛のゴール前へのパスにノヴァコヴィッチが合わせる。
ジンヒョンをかわされて、めっちゃひやっとしましたが
カチャルが踏ん張ってくれました。
後半で一番心臓に悪かった場面でしたね(汗)よく守りきった!
93分も山下が長沢に抜かれて冷や汗。しかしジンヒョンの好セーブで乗り切る。

後半94分、山口の自陣からのロングフィードを受け取った杉本が
切り返しで相手DFをかわしてゴール右隅にダメ押しのゴール!

この試合、ここまで3得点は全員DFでしたが、ここでFWが点を取ってくれました!
駆け寄る柿谷の姿が印象的な場面でした。しかし、最近浦和の選手が
交代後にゴール決めた選手に駆け寄って
ピッチ内に入っちゃってイエローカード、そして累積退場…
なんてこともあってすぐだったので、変に心配してしまいましたが(笑

そして再開後すぐに試合終了。4-1で今季ホーム初白星!!


<<試合総括>>
まずは今季ホーム初白星ということで^^
前半は清水のペースに押されていましたが、少ない機会を生かして得点し、
後半は運動量だったり選手間の距離であったりが良くなったことで
本当に見ていて楽しい試合でした!!
ここ数試合、後半に運動量が落ちたりミスが目立ったりすることが多かったと
思うのですが、この試合ではそういった部分が改善されているなぁと感じました。

新加入選手との連携も大分形になってきていると感じます。
フォルランももうそろそろゴール決めてくれるような気がしますし、
ここ数試合目立っていたパスの乱れも良くなっていってます。
柿谷はリーグ戦でのゴールはまだ無いものの、
ボール捌き、パスやドリブルといったところで彼らしさが随所に見られるし、
今日の試合では特にそういった部分が光って見えたように思います。
この二人のゴールシーンもそう遠くはないはずです!

そして今日の試合で目を引いたのは南野と山下。
山下は実質1ゴール2アシストですし、このDFスコアラッシュの中でも、
最も活躍していたのではないでしょうか?
相手の高身長選手との競り合いにも負けてませんでしたし、
一部危ない場面をつくることもありましたけど、
ぜひ修正しながら、こんな感じで頑張ってほしいです!
南野は本当に、特に後半は完全にゲームメイカーとなってました。
攻撃、守備とそつなくこなし、ボール捌き、
今日は特にトラップが光っていました。
まだ19歳ということで末恐ろしい気もしますね(笑

次節はアウェーで3連勝無失点の鹿島アントラーズ戦です。
厳しい試合になるでしょうが、ぜひ今試合での後半のようなプレイを続けて
無失点の壁をぶち破ってきてほしいと思います!
まずは今現在行われているACLの活躍も期待します(笑



そんなこんなで、スポーツのこういう記事書くのが初めてなもので
試行錯誤しながら書いたのですがどうでしょうか?
もう少し端的に、うまく纏められたらいいのでしょうが…(汗
サッカー素人なのに、偉そうなことも言ってるような気がしますし。
今後書きながらの課題になりそうですね…

さて、今日のACLはテレビ環境的に観戦できませんが、
ACL初勝利を願って試合速報を見ることにします!


それではまた!

RAY(最遅)レビュー

何日かぶりにブログ見たら、
カウンターがものすごく増えてて若干ビビり気味です(汗
前回の記事書いてからのようなので、サッカー関係のアクセス増加で
こんなに増えてるんでしょうか……だとしたら凄いことですけど。
セレッソは今、ファンというか、集客増えてますしね。
言ってしまえばボクもその一人のようなものなんでしょうが(笑

…とか思って検索履歴調べたら、
BUMP関係からのアクセスが多かったです。とんだ勘違い←
どうも今度のライブに関連して、
会場でのブロック配置が気になった方のアクセスが多いようですので、
この記事後半にて前回のWILLPOLISで参戦した
福岡マリンメッセ、名古屋日本ガイシホールでのアリーナブロック表を
紹介しようと思います。これで少しは需要と供給が釣り合うかな?

前置きが長くなりましたが、こんばんは!Dialekです^^



ものすごーく遅くなりましたが、ボクも昨日やっとRAYをゲットしました!!
この1週間受け取りに行けなくてもやもやしてましたが…

RAYジャケット

曲を聴く前にARをやったんですが、今回は本当に手が込んでますね…
ベストアルバムの時からの確かな進化を感じます。
多分いろいろとARも隠しというか、条件付きのものがあるようですが、
ぼちぼち見つけていこうかなぁと思っていますー^^



それでは、本当に今更ですが、
簡単に簡潔に(←ここ重要)アルバム1曲ずつレビューを書いていこうと思います!
もしかしたらこれは最速ならぬ"最遅"レビューの可能性が…(
発売日もとうに過ぎてますので、追記にしまうこともせずそのままいきます。
読みたくない方は一気に飛ばしてもらえれば。

それではいきます!!



1. WILL
聴いた瞬間に、「あ、前回のツアー(WILLPOLIS)のOPだ!」って思いました(笑
雑誌ではもうばらしてあったみたいですが、その雑誌多分まだ読んでないです。
いや、一応買ったんですがいろいろ忙しくてorz
ツアーの時に、この音楽はどこから持ってきたんだろうなーと思っていたんですが、
なるほどオリジナル曲だったということで。
何だかブックレットやOP映像と合わさって、これから冒険が始まるんだ!という
ワクワク感を演出する曲ですよね。なかなかの焦らし曲ですが←


2. 虹を待つ人
配信曲として出されたのでCD音源としては初めて受け取ったこの曲。
CD版と配信版ではどうも細かいところが違うような気がするんですが、
マスタリングの仕方とかが違うんでしょうかね?どうなんでしょう。
ライブでは非常に盛り上がったこの曲。とにかく飛び跳ねた記憶が(笑
あと、途中の間奏コーラスですね。あの一体感をまたライブで体感したいです!!


3. ray
このアルバムのパイロットソング。
CD発売前に聴いたアルバム曲はこの曲と、次に出てくるサザンクロスだけで
あとの最速OAはすべてスルーしました…
アルバムでの初視聴の愉しみのためにね。
虹を待つ人にも共通して言えることですが、最近のバンプの特徴として、
シンセサイザーなどのデジタル音、イコライザーを積極的に取り入れてますねー
それでいて、昔からの曲の世界観を壊すことなく、
うまく共存できてると思います。この曲はその最たるものですよね。
それでいて、歌詞に出てくる「生きるのは最高だ」という歌詞は昔の藤くんなら
書かなかったんじゃないかとも思います。少しずつ変化も感じますね。


4. サザンクロス
SOLでの初OAで聴いた曲です。…その時にものすごく衝撃を受けました。
後述のゼロを初めて聴いたときにも衝撃を感じたんですが、
だからといって曲から感じたものがその2曲とも同じというわけではなくて。
似てはいないけど同じくらいの大きさの"衝撃"という感じ。語彙が足りない…
個人的にはこのアルバムの曲の中で…
いや、バンプ全曲の中でもかなり好きな曲です。
歌詞が本当にグサリグサリと心に刺さります。
ボクのこれまでの経験と重なるところが多いんですよね、ちょっと泣きそうでした。
曲名から勝手に期待してた曲でしたが、本当に期待以上でした…


5. ラストワン
某所で非常に評判の良かった曲。ちょっと期待して聴きました。
ツインギターの音が非常に印象的だな、というのを最初に感じました。
しかし全体的に聴くと、重低音、ベースとドラムが非常に効いてますよねー
この曲の歌詞も結構心にきたんですが…
サザンクロスとは違って何だか前向きに受け止められました。
曲調もあるんだとは思います。面白いことですよね。
「鏡の中の人」というのはやはり自分自身のことなんでしょう。
自分自身といかにして向き合うか…これは本当に難しいこと。永遠の課題でしょう。


6. morning glow
曲名から期待していた曲その2。しかしこちらは想像とはちょっと違いました。
なんかもっとしっとりした曲かなと思ってたんですが…
ちょっとブルース調というかサザンロックというか、
藤くんの曲作りのルーツが上手い感じに出た曲なのかなと思いますね。
この曲、なかなかリズム感が難解です。歌うの大変そうだなと思いました((ry
歌詞としては、ラストワンの世界観と共通するものがあるのかなぁと思ったり。
「自分が自分でいる事」「複雑なようで単純な答え」
悩みすぎているだけで、答えは意外と近くにあるのかもしれない。


7. ゼロ
シングル曲。初OAの時の衝撃はきっと忘れられません。そんな曲。
虹を待つ人のところで書き忘れましたが、シングル曲に関しては簡単に触ります。
この曲もシングルで聴いたときと微妙に音の感じが違うような…
やっぱりマスタリングし直してるんでしょうか?よりいい音で聴こえます。
もうね、この曲はどこを切り取ってきても好きなんですけど、
あえて言うなら2番冒頭~サビの歌詞ですかね。あの相反する感じの表現が凄い。


8. トーチ
前述のゼロに関しては、MVやプロモーションから「火」のイメージがあったので、
アルバムで連曲となったこの曲はゼロと共通した部分があるのかなー…
と思っていたら、出だしでびっくりしました。曲調が全然違った(笑
でもこの曲好きですねー。サザンクロスの次くらいかな←
何だか、歌詞がロストマンと共通する部分があると感じるのはボクだけですか?
あの曲は間違った自分と間違わなかった自分が再会を約束する曲…
という解釈らしいですが、この曲の「君」と置き換えるとまさにそんな感じが…
結構強引ですかね?自分ではなかなか気に入ってる解釈なんですが。


9. Smile
シングル版、ゼロカップリングのバンド版どちらがくるかな、と思っていたら
バンドバージョンでした。初めて聴いたときはどちらかといえば、
シングル版の方が好きだったんですよね、Smileは。
でもライブであったりCDであったり、何回も聴くうちに最後の長い長いメロディが
意味するものというのが、少しは分かったような気がします。
言葉にするのは難しいけれど。…本当にボキャブラリー不足だな(汗


10. firefly
シングル曲。ドラマの主題歌として発表されたときはとても意外でした。
ライブ期間中に書いた曲、ということもあって非常にライブに映える曲ですね。
同じことが虹を待つ人にも言えることなんですがね(笑
前回WILLPOLISの時に、チームラボボールが出てきたときはびっくりしたなぁ。
まさかMVで使われてるものがツアーで出てくるって思ってませんでしたからねー
この曲も2番冒頭の歌詞がとても印象的です。
バンプの曲って2番の歌詞がグサグサくるものが本当に多いような気が。


11. white note
ゴスペル調というか、COSMONAUTの曲たちを思い出す曲です。
このアルバムの中の位置づけとして結構"遊び"を取り入れているような感じで、
いい意味でアルバムのアクセントになっていると思います。
うーん、まさに藤くんの曲作りの心境って感じ(笑
66号線でも曲作りに触れてましたが、それとはまた印象が違いますね。
まぁあちらはプロデューサーに向けての曲らしいですからねー
この曲、ライブで手拍子したいなぁ。演奏してくれるかなぁ…


12. 友達の唄
シングル曲。ドラえもんの映画主題歌になりました。
とても優しい曲です。もっと評価されて欲しい曲なんですが…
この曲の歌詞、最後だけ1人称と2人称が変わってるんですよね。
ずっと「私」と「あなた」だったのに、ラストだけは「僕」と「君」。
独白だったものが、最後は語りかけるような感じになっている印象を受けます。


13. (please) forgive
COSMONAUT発売前から話題に上り、
各方面からの賛辞を受けていたことを耳にしていた曲といよいよのご対面。
多分バンプファンなら聴くのを本当に楽しみにしていた曲でしょう(笑
COSMONAUTからは弾かれてこのアルバムに入ったわけですが、
歌詞的にも、この後のグッドラックへの流れ的にも、
このアルバムに収録されて結果的によかったと思います。
イメージではギルド的な感じだったんですけど、微妙に予想は外れた感じ。
しかし、これはスルメ曲の予感。beautiful gliderもそうだったなぁと思い返す。


14. グッドラック
アルバムの締めとなったシングル曲。
WILLのところで「冒険のはじまり」ということを書きましたよね。
この曲を最後に持ってきたというのはブックレットARのストーリー的にも、
そしてこのRAYというアルバム全体の総まとめとしても、とてもマッチしています。
ここが終わりじゃないんですよね。
「幸運を祈る」というこの見送りの言葉は、続きがあるからこその言葉。
バンプの音楽もこれからまだまだ続いていくんでしょう。そんな期待を抱かせます。



はい、全然簡潔じゃなかったわけですが、これで全曲レビュー終了です!
読んでくださった方は本当にありがとうございました!自己解釈ばっかりで…(汗
…え、隠し?隠し曲の感想はどうなのかって?
そうですね…とりあえずCDの方は意味不明でしたね(笑)
次々と内容が変わっていく上に一貫性ないし、曲短いしフェードアウトするし…
個人的にもう一つの隠しは爆笑しました。秀ちゃん仕事は選んでもいいのよ?←




それでは今日の記事最後に、前回のWILLPOLISでのアリーナブロックについて。
WILLPOLIS2014でも、前回と同じ会場でのライブでは
ブロック配置は変わらないんじゃないかなーと思うんですが。
まずは名古屋日本ガイシホール。こちらはライブの時に写真を取ってたので、
説明するよりも見た方が早いですね。

2013WILLPOLIS名古屋アリーナブロック表

中央の×マーク部分はお察しください(笑
入場までの流れとしては、
チケットに書かれたブロック内での整理番号を基準としてまず並ばされます。
ちょっと説明するのが難しいんですが、
全ブロックの1~20番、21~40番…みたいな感じで振り分けられて、
そのグループごとに入場していって、会場内で自分のブロックにそれぞれ向かう、
という感じですかね。ちょっと自分でもうまく説明できてるか自信ないです(汗


次に福岡マリンメッセ。こちらは写真がないので文章で説明。
ブロック配置としては、前方ステージ側から奥に向かって縦にA-Gのブロック、
横方向に向かって1-5のブロックが配置されます。下に書く感じです。

(ステージ側)
A1 A2 A3 A4 A5
B1 B2 B3 …
C1 C2 …
D1 …
E1 …
F1 …
G1 …


マリンメッセでの注意点は二つ。
1.ブロック内の床は完全にフラットなので後ろだと背の低い方は見にくいかも。
2.ステージの幅が比較的小さいこと。
A3-G3はステージ正面なわけですが、2および4ではステージ端の方、
1と5に関してはステージをかなり横の方から見ることになるんじゃないでしょうか?

個人的にマリンメッセは整理番号つけて欲しいんですが…
アリーナの人が全員同じ列に並ぶので、
開場してから入場までが長いんですよね。
以前は整理番号あったという話も聞くんですが、どうなんでしょう?

※3/18追加
昨日マリンメッセのチケット発券してきましたが、
ブロック内の整理番号がついてました!やっぱりあの入場前の混雑に
運営側もどうにかしようとしてくれたようでよかったです。


※3/19追加
e+(公式最速先行及び2次先行)で頼んだチケットが届きましたが、
こちらじゃ整理番号付いてませんでした。どういうことなんでしょうか…
昨日発券した分はローチケで頼んだ分だったんですが、
特に意味のない番号だったんでしょうか(汗




あ、ボクはまだチケット発券してないです。明日しに行く予定。
前回のライブではかなり後ろの方だったので、
できれば前半分だといいなぁ…なんて。
そうだったらいいんですけどね(笑

そしてサッカーの観戦記についてなんですが、
今週は試合をリアルタイムで見られずに今日(もう昨日か)、
見逃し配信版を見たので記事をまとめることがまだできてませんー(汗)
火曜にはUPする予定。もう少しお待ちください…
とりあえずセレッソはホーム戦初白星!
来週は3連勝中の鹿島とあたるので面白い試合になりそうですねぇ!


今日の記事は長くなってしまいましたが、この辺で!
それではまた!!
Copyright © Dialek
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。