Knockin' on a Gateway to the World

何か夢中になれるものを探す大学生の独り言。日常の出来事や音楽について…。音楽はBUMPとDEENを中心にいろいろと。最近はマイペース更新です。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト サッカー > サッカー観想記2:2014 J1第4節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー観想記2:2014 J1第4節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪

桜前線が北上中ですねー
今年は例年に比べると開花が早いようですが、
いかんせん去年が異常な早さだったのでそれに比べたら遅いようです。
桜が咲き始めると、いよいよ新年度なんだなぁと思わされます。
そして何より花粉の季節がもう少しで終わるというのが本当に嬉しい(笑
花粉症自体は植物の違いで年中あるものですけど、
多くの人はこの時期のスギ・ヒノキでしょうからね。
辛い時期とももうすぐでお別れです。

というわけで、こんにちは!Dialekです^^



桜の話題から入ってセレッソのお話ってなんかいいですね←
いや、もう既に今日は第5節のマッチデーなんですけどね。
今更第4節の試合の話するのかよ…って感じですよね。ボクもそう思います
…まぁ、試合午後からですし、滑り込みセーフということで(汗
しかしこの観想記のおかげで、週一以上の更新が続けられそうです。
もはやこのブログは何が主体なのか分からなくなってますが(滝汗

話がそれました。
それではさっそく書いていきましょうか。
もう時間も経っていることですし、ハイライトと総括をまとめて書いてしまいます。


<<ゲームハイライト・総括>>
開幕3連勝無失点中の鹿島とのアウェーでの対戦でした。
ここまでセレッソは鹿島相手に公式戦6連敗中ということで、
どうなるかなーと思ってみておりました。大迫が抜けた鹿島のプレーにも注目。

前半立ち上がりは、セレッソが上手くやったかなーという感じでした。
しかし時間の経過につれて鹿島にボールを持たれる展開が多くなりました。
ただこの試合全体を通して守備が非常に固かったのが印象的で、
DFはもちろんのこと、チーム全体での守りの意識というのが感じられました。
そんな中での、前半19分、丸橋のFKから
最終的にアーリアがペナルティエリア右隅からの強烈なゴール!
相手のDFが処理しようとしたボールを、
山下が奪ったことでこのゴールの演出になりました。
個人的にゴール前への丸橋のクロスが絶妙だったと思うんですよねー

その後も何度か押し込まれる場面はあるものの
決定的な場面というのはあまりなく、
(逆にセレッソもそんなにチャンスもなく)前半は0-1で折り返し。


後半、前半の勢いのままに鹿島ペースかなと思っていたら、
セレッソペースで始まりました。何度も相手ゴールを脅かす。
特に決定的な場面だったのは後半52分のゴール前フォルランへのパス。
あれ絶対決めてくれると思ったんですが……
ちょっと最後コース迷った感じでしたね。本人も思わず顔を覆ってました。
あとはフォルランのシュートに見せかけたゴール前へのボールに杉本のボレー!
これはキーパーナイスセーブと言わざるを得ないですね。
相手のGK曽ヶ端は試合通じていい動きしてましたねー
その後のCKからの杉本のヘディングはキーパー正面。
最近の杉本は右サイドでよく効いてると思います。
本人はやっぱり中央でやりたいみたいですが、
こういう経験をいいアピール材料にしてほしいと思ってます。

後半は前半に比べると両チームとも一進一退の攻防といった印象。
ただ鹿島はペナルティエリア周辺でのプレーが少ないというか、
セレッソ側がそれをさせなかった感じでした。
最終的なシュート本数は鹿島の方が多いですが、
結構無理やりなシュートも何本かあったので、
ゴールに迫る回数はセレッソの方が多かったと思います。

そしてサポーターが待ち望んだ瞬間が。
後半86分、ジンヒョンのGKを相手DFが処理ミスしたところを
フォルランが逆サイドの柿谷にパス。柿谷が相手選手2人の間を通して
ペネルティエリア内のアーリアにパスすると、ワンタッチで柿谷に返して
再び柿谷が右アウトサイドでダイレクトにゴール前に送り、
最後はフォルランが詰めてゴール!鮮やかなパスからのゴールでした。
完全にパスで相手の守備を崩してからのゴールは、まさにセレッソらしい。
そしてフォルランはJリーグ戦初ゴール。雄叫び挙げてましたね(笑
チームメイトがみんなで祝福してるのが印象的でした!
前回ACLでのゴール、そして今回のゴールで
フォルランは少し気持ち的に楽になれたでしょうか?
これからのプレーにも期待ですね。

このゴールのあと、非常に危ない場面がありましたがジンヒョンの神セーブで
何とかしのぎきり、結局0-2で鹿島に勝利!!
リーグ戦3連勝、しかも3連勝中の鹿島を破っての暫定2位浮上となりました。


さて、総括です。何度も書いてますが、
今回の試合では相手にボールを持たれる場面が多いものの、
危ない場面というのが本当に数えるぐらいしかなく、
非常に安心感を持って見られました。
チーム全体の守備の意識はもちろんのこと、DF陣、特にセンターバックの二人が
身体を張って守っていたのがとても印象に残りました。
特に山下ですね。相手の攻撃の要であるダヴィに本当に仕事をさせませんでした。
鹿島の監督が試合後にダヴィが上手く機能できなかったというようなことを
話していましたが、間違いなくこの山下のカバーのおかげでしょう。
カチャルもダヴィにボールが渡って危ない場面を俊足で体を割り込みナイスカバー。
山下はアーリア得点のアシストにもなってますし、
前節では得点も決めてますし…最近攻撃守備共に存在感が凄いです。

ちょっと不安に感じたのは柿谷のプレー。
もちろん彼のボールコントロール技術、
いつ出すかわからないタイミングを外したトリッキーなパスは健在で
フォルランのシュートも彼があってこそのものだったのは間違いないです。
ただ、トラップミス・パスミスがいつもの試合に比べて目立ったかなーと。
今季の柿谷は1トップ、2トップの一角、トップ下、
そして今回の試合後半での左サイドなど様々な場所でのプレーを要求されていて
非常に難しい部分はあるのかなと思ってます。
チームの起点になろうという意識が強くて、昨季にあったシュートへの意識は
少し薄くなっちゃってるのかな。攻撃・守備共に頑張らないといけない状況ですから
贅沢なことはあまり言えないなと承知しているんですけど、
やっぱり彼のあの足元から繰り出されるシュートを、たくさん見たいなぁと
思ってしまうのはファンとして仕方のないことじゃないでしょうか。

まぁ、ACLでは3戦連続でゴール決めてますし、
リーグ戦でも遠からず決めてくれるでしょう。
今日は今シーズン初のキンチョウスタジアムでの試合。相手は新潟。
ぜひサポーターの声援を力に変えて頑張ってほしいですね!!



…前回の書き方よりも、今回の方がうまくまとまってる気がします(笑
うーん、ハイライトと総括一編に書く方がいいみたいですね。
まだボクも書き始めたばっかりでどうなっていくのかなーという感じですが、
何かご指摘がありましたら遠慮なく教えていただければ幸いです!!



そういえば、バンプの東京ドーム公演のCD先行分抽選予約の発表があったようで。
ボクはその日行けない可能性が高いので、今回はそもそも申し込みませんでした。
しかし、某所で見ていると意外にはずれている方の多いこと…(汗
むしろ当たっている方の方が少ないんじゃないかってくらい。
CD先行での解放座席数がもともとあまりないんですかね?
だってあのキャパシティなのに……

新木場の方の改めての申し込みはどうしようか迷い中です。
3月中だったら確実に行けたんですが、7月の平日だものなぁ…無理だよなぁ…
そもそも当たるかっていう話なんですけどね!!!


それではまた!
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © Dialek
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。