Knockin' on a Gateway to the World

何か夢中になれるものを探す大学生の独り言。日常の出来事や音楽について…。音楽はBUMPとDEENを中心にいろいろと。最近はマイペース更新です。

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイト 音楽 > 一番大事なものは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番大事なものは

今日はまた気温が下がって、冬に逆戻りでした。
でも桜の開花も始まったようですし、春の訪れももうすぐですね!
個人的に、今年は花粉症の症状が結構軽めで済んでるので
本当に助かってます。年によって結構ムラがあるんですよね…
しかし母親は今年結構酷いようなので、
単純に飛散量が少ないということでもないようで。
このまま花粉の季節が終わってくれることを願います><

ということで、こんばんは!Dialekです^^



今日のお話はこれでしょうね…
バンプのVo.&G藤原さんが肺気胸で入院中、手術は終わりリハビリ中だが
3月末の新木場公演は延期。ライブツアーは予定通り行うつもりだとのこと。
某所が急に騒がしくなり始めて、
何事かと思って公式サイトを見に行ったボクでしたが…

第一に思ったことは、「ああ、ついにきてしまったか…」ということ。
もともと誰が見ても痩せすぎだと分かる藤くんですが、正直不思議だったんです。
あの体の中のどこにライブツアーだったり、
過密日程を乗り切るだけの力があるんだろうって…
もちろん彼自身の努力と気力あってのものだとは分かっていましたが。

最近はアルバム発売に合わせて、いつもより明らかに忙しくなってましたからね。
ストレスというか、疲労が蓄積していたのは確実ですよ。
記事内でも体調大丈夫かな…と書いていた中でのこの発表。


ネットで何でも調べられる時代になりました。
「肺気胸」で検索すれば大まかな情報はすぐに手に入るはずです。
ボクはこういった分野の知識に明るいもので
かなり前から「藤くんは肺気胸のリスクファクターだらけだよな…」と思ってました。
だから、「肺気胸」ということ自体には
ここを見ている方々に比べたら驚きは少なかったかもしれません。

肺気胸、特に今回の藤くんは「自然気胸」と呼ばれるものだと思いますが、
実はその仕組みというか、成立機序は完全には明らかになっていません。
突然なるものですし、それなりの再発率もあります。
若年の気胸は適切に処置すれば命に別状はほとんどないですが、
もしかしたらある程度の期間(目安は1年でしょうか)は、
気胸と付き合っていかなければいけないかもしれません。

やはり一番大事なものは健康です。体調です。
ライブは行きたいし、メンバーにも会いたいなぁと思いますけど、
彼らが元気でいてくれることがボクたちファンにとって一番の願いです。
元気でいられれば、また彼らの音楽は続くわけですから。
どうやらライブツアーは予定通り行うつもりみたいですが、
おそらく手術は3月前半におこなったと思うので
4月初旬では体調は万全…というわけにはいかないでしょう。


ライブツアーの日程は彼らの意思、その他色々な諸事情もあって
このままの日程でいこうと決めたのだろうから尊重してあげたいですが、
ボクたちはたとえいつになろうとも、いつまでも待ってるから…
ということをメンバーに伝えることができたらいいなぁと思います。



アルバムRAY、大分聴きこみました。
最初の第1印象とは結構変わった曲も多いですね。
前々回のレビュー記事で、サザンクロスとトーチがお気に入りだと話しましたが
今はラストワンと(please)forgiveがじわじわきてます。
ラストワンは、この曲自体もそうですが
サザンクロス~ラストワン~morning glowという一連の流れが凄いです。
(please)forgiveの方はですね、聴いていると
何だか脳内をじわじわと侵食してきてるというか、メロディーが離れなくなってます。
まぁ要は全部の曲が好きってことなんですけどね!


藤くんの回復とツアーの成功を祈りながら。
それではまた!
関連記事

Comments

post
Comment form

Trackback

Trackback URL
Copyright © Dialek
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。